FC2ブログ

■ 新しい5万ドル札と10万ドル札が登場  

   ジンバブエの通貨は、ジンバブエドルである。
   この2ヶ月の間に、新しく5万ドル札と10万ドル札が
   増えた。10万ドル札の方は、以前からあったらしいが、
   見たのは初めてである。
   ちょっとした物でも、札束を持って買い物に行かなくては
   ならなかったのだが、そうしなくてもよくなった。
   
   最高額紙幣が1万ドルから10万ドルになり、物価も上
   がった。主食のミリミールやパンは約4倍になり、ミルク
   や油、日用品など、みな値上げされ、買い物かごに入
   れられるものが、グンと減ってしまった。
   ジンバブエドルを外貨と比べてみると、市場ではこの
   2ヶ月の間にジンバブエドルが50%下落している。
   しかし、公定レートは昨年から変わっておらず、
   非現実的な低さだ。
   
   物を国外から輸入する際には、この公定レートで
   関税が計算される。税金が安く済むせいか、このところ
   車の輸入が急増していたらしい。
   しかし、4月に政府が予告なく決まりを変え、国民は関税を
   外貨で払わなくてはならなくなった。
   外貨とは、アメリカドル、ポンド、ユーロ、ランド(南アフリカ
   の通貨)などである。

   ジンバブエに持ち込まれる車の殆どは、南アフリカとの
   国境、バイトブリッジが入口となっている。日本から船で
   車を送る場合は、横浜から南アフリカのダーバン港まで
   きて(約3週間)、ダーバンからは陸路か鉄道でバイトブ
   リッジまで運ばれてくる。
   今、そのバイトブリッジの税関の倉庫や敷地は、急に
   制度が変わったために、関税を払えない会社や人の車
   が山となっているらしい。
   ベンツ、日本車など、いい車もたくさんあるそうだが、
   持ち主が期限までに関税を払わない場合は、どんな車も
   みなオークションにかけて売られてしまう。
  
   以前から日本車が欲しいと言っていた友人が、私の帰りを
   待っていたかのように電話をしてきた。
   こんな時だというのに、南アフリカに中古車を買いに
   行きたいので相談にのって欲しいと言う。
   
   何か、からくりがあるのだろうか。
   ひょっとしたら、ヘラルド新聞に ”ジャナグルがアート
   センターを建設中”という記事が載ったので、景気がいいと
   思われたのかもしれない。
   新聞に記事が載ると、相談の電話が急に増えるのだ。
   半数は、知らない人からの電話である。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jenaguru.blog57.fc2.com/tb.php/232-c647dafe