FC2ブログ

■ 日本~ジンバブエ航路の話 

ジャカランダの並木通り



 日本からジンバブエへの航路は、こんな感じです。
 千歳空港を夕方経ち、香港へ。
香港で飛行機を乗り換えて南アフリカのヨハネスバーグに。
ヨハネスバーグに到着したのは、日本を経ち22時間後の朝7時。

 飛行機のドアが開くと、目の前はアフリカの夏の匂い、
飛行場にはジャカランダに似た甘い香りがたちこめていて、
肌にしっとりと残るようでした。
 空港の建物は2010年のワールドカップに向けて増殖を続けており、
あらゆる方向に建物が伸びていっている感じです。

 機内で隣席に座った人は、国連の仕事でコンゴ(DRC)に向かう
というフィリピン人の元軍人で、50代はじめで軍隊を辞め、
国連の仕事に応募して半年契約を更新しつつ、
これまで東ティモールやリベリアにも滞在。
給料は月額US$3000で、数ヶ月働けば
田舎に小さな家を建てられるとか。
 コンゴに行くのは、再び選挙の準備が進んでいるからなのか、
聞いてみましたがわからないようでした。
 この人の娘さんは、先ごろ、日本政府が合意した
”高齢者のナーシング”(フィリピンではこう呼んでいる)”に応募し、
日本に行く日を待っているそうです。


 私は1985~86年にかけて2度フィリピンに行き、
マニラのスタジオで友人がレコーディングするのを見学したり、
当時、ヒットしていた「アナク(息子)」という曲を歌っていた
フレディ・アギラに会ったりしていたことを思い出しました。
その友人というのはアメリカ人で、出会ったのは、ボブ・マーリィの
追悼コンサートをした神戸の須磨海岸です。


 ヨハネスバーグからジンバブエの首都、ハラレまでは飛行機で
1時間半ですが乗り継ぎのための待ち時間が3時間以上あり、
ハラレに到着したのは、千歳空港を出た27時間後でした。
 こちらに着いた翌日、雷が鳴り、雨季を告げる初めての大雨が降りました。
あたりは、うっすら緑色のベールがかけられたようです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jenaguru.blog57.fc2.com/tb.php/153-bfba1aea