スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ みんな元気にがんばっています! 

 ジャカランダが満開の10月中旬、日本に戻ったのですが、パソコンが
故障してしまい、すっかりご無沙汰していまいました。
 

 月日が経つのは早く、あっという間に今年も残すところ1ヶ月と少々。

 2010年は、ジャナグルにとって本当に素晴らしい年でした。
 今までは自分の国しか知らなかった子供たちが、南アフリカや香港の
空港、そして日本に滞在して、世界にはいろいろな国があるということを
知り、比較することを覚えたようです。

 ティチャファラは、このごろ「僕がもし大統領だったら……」とまるで
聴衆に向かってスピーチをしているようです。

  「僕がもし大統領だったら、ソルジャーを呼んで道路にあいた穴を
   みんな埋めまーす。」

   ハラレの道路には、たくさん穴があいていて市が工事するのを待って
   いるのです。

  「僕がもし大統領だったら、ソルジャーを呼んで、そこいらに落ちて
   いるゴミを拾わせて穴を5つ掘り、分別して埋めまーす。そこは
   ビニールを埋める穴、紙を埋める穴、バナナの皮を埋める穴!」と
   言いながら前方を指差します。

   ジンバブエではゴミの収集が民営化され、またストライキにより、
   滞っているのです。

 ティチャファラが変えたいことはいくつかあるようですが、一番気に
なっているのは、このゴミのようです。

 私が、日本の友達がジンバブエに遊びにきた時に泊まれるように
ハット(草葺屋根の丸い家)を建てたいと言うと、ニコリともせず深刻な
顔をしてこう聞きます。「このゴミはどうする???」

 そこまで深く考えているとは…と、感心しました。
  
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。