スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 秋田アトリエゆうの児童絵展にジンバブエの児童の絵も参加! 

2010_0307-s.jpg



 今年のジャナグルジュニアの日本ツアーは、秋田市にも1週間ほど滞在し、
色々なところで公演をします。一番大きなコンサートは、児童絵教室アト
リエゆう、他の主催で行われるもので、会場はJR秋田駅裏のアルヴェの
1階、誰もが参加できる形で準備を進めてくれています。

 公演にさきがけて、児童絵教室を主宰する藤田悦子さんが、生徒さんの
絵の展覧会場にジンバブエコーナーを作りジンバブエの児童も絵も展示
してくれました。
 ジャナグル公演の小さなポスターも真ん中くらいに見えますし、1月に
北海道新聞で紹介されたこれまでの活動の記事も、ジンバブエのTシャツも
飾ってあります。
 男の子が地球儀をまわして言っています。
「あっ、お兄ちゃんここにジンバブエって国があるよ!」
そうなんです。地球はこんなに小さいのでした。
スポンサーサイト

■ ジンバブエの最新パスポート申請事情 

 3月に入り、雨期が終わりに向かう頃なのに、雨が続いている。
 雨が降れば停電になり、雨が止んでも停電は続き、カレンダーに
停電の日を赤丸印にしてみたら、1か月のうち10日以上が全日停電日に
なりそうだ。そうなるとテレビも見られず、この国で、世界で
何が起きているかもわからぬまま月日が過ぎてゆく。
 オリンピックもいつのまにか始まり、いつの間にか終わっていた。

 数か月ぶりにパスポートのオフィスに行ってみると、費用がまた
変わっていた。これまで、最速で発行して5万円と言うものや、発行は
半年後になるが割安というものがあったが、今は次の3つの方法である。
 まず、申請後1日でパスポートを発行するという、ここではあり得
ないような超速コースで、この費用が約3万円、次が2日で発行する
というコースで2万4千円、そして発行まで2週間というコースが、
約1万4千円である。
 
 5月に日本に行くジャナグルの子どもたち4人分の申請だから、少し
でも安い方がいいのだが、それでも大人と同じで1人1万4千円もする。

 2月10日に4人分の申請に行くと、すでにオフィスのまわりには100人
以上の人が並んだり、ベンチに腰をかけていたりした。聞くところに
よると、朝6時から並んでいるという人もいる。
 一体どこのドアがどんな業務の仕事をしているのかもわからない。
思い出すだけでも疲労を覚えるような過程を経てお金を払い、やっと
申請用紙を受け取った。申請のために、何日もここに通い続けている人も
いるに違いない。

 翌日、申請書を持ってオフィスに行き、再び列に並び、やっと申請を
済ませた。

 2週間が過ぎ、パスポートを受け取りに行ったが、まだ出来上がって
いないので来週来るようにと言われ、3週間目の今日、やっと受け取る
ことができた。早く出来た方らしい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。