スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北で アフリカンアート展を準備中です 

08アフリカンアート展


ゴールデンウィークには神戸でアート展でした。
その後高橋は一旦帰国して 準備をしております。

秋田・盛岡・山形・そして北海道でアート展を開催します。
お近くの方 どうぞお立ち寄りください。


秋田 アトリオン 7/12(土)~16(水) 10時~18時
  初日は13時から  最終日は17時まで。
  秋田市中通2-3-8 秋田アトリオン 3F展示室にて

盛岡 南昌荘  7/18(金)~20(日) 10時~17時
  最終日16時まで  入場料 : 200円
  盛岡市 清水町13-46 

●山形 布の森キャンベル 2Fギャラリー 
 7/23(水)~27(日) 11時~18時  最終日16時まで
  東村山郡山辺町大字三河尻一本柳 


●札幌で アフリカの絵画展を ギャラリー粋ふようにて予定しています。
日程未定 決まり次第 またご案内いたします。


お問合せは 高橋は 7/7頃 帰国予定です。
7/7頃から 携帯 090-2882-2884で 
連絡がつくようになると思いますので
直接ご連絡ください。


スポンサーサイト

高橋 アフリカオンラインへのメールが読めていません!m(_ _)m  

ジンバブエ 高橋の住むあたりは 固定電話が一切つかえない状態で
パソコンでメールをチェックする事もできない状態になっています。

来週あたりに 状況は回復するんじゃないかと
待っている所です。

連絡が取れるようになったらまたご連絡いたします。

    (管理人 HAL。)

■ 現れては消えていく紙幣 

 捜しものをしていたら、冬服の入った紙袋から2万ドル札の束が2つ出てきた。全部で400万ドルである。なぜ、こんなところに入れたのか、全く記憶がない。

 昨年の10月から11月にかけて、私は赤いリュックにこの2万ドルの札束をぎっしり詰めて、北部の小さな村にテレビの撮影の手伝いに行った。村に一軒のなんでも屋は、激しいインフレのために2か月前に閉店になり、人々は、川向うのザンビアの市場まで買い物に行っていた。
 ジンバブエ国内にいながら自国のお金は歓迎されず、川を渡るボートを漕ぐ少年さえ、料金をザンビアのお金で欲しがったのを覚えている。

ジンバブエのお札


 残念ながら、この2万ドル札はもう使うことはできない。札には使用
期限があるのだ。この札は期限を2年超えても使われていたが、インフレが進み、新しい札に交替した。
    
    現在、主に使われている紙幣は、

    500,000,000ドル札(2008年5月2日発行、12月31日まで)
    250,000,000ドル札(     ”          ) 
    100,000,000ドル札(     ”          )
     50,000,000ドル札 (2008年4月2日発行、6月30日まで)
     10,000,000ドル札 (2008年1月1日発行、6月30日まで)

 おつり専用のような500,000ドル札もあるが、この札では100枚
以上なければキャベツ1個買うこともできない。
 使用に期限があるこの札は、正式な通貨ではなく、クーポンのような
感じだ。道路に使えなくなった1000ドル札が散らばっていたこともある。
 
 数ヵ月毎に、色の違う新しい札が発行されているのである。
 このインフレ―ション率は、もはやパーセントで表わしてもピンとくる人はいないだろう。たとえ棒グラフで表わしたとしても、昇り階段のようなゆるやかな傾斜は描かず、まるで断崖のようになってしまう。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。